埼玉県の特定遊興飲食店営業

客にダンスをさせる営業について、その一部を風俗営業から除外するため、風営法の改正がありました。

風俗営業から除外されることで、新たに規制される営業がありますが、その「特定遊興飲食店営業」関連について記載いたします。

風営法の主な改正内容

風営法の改正の主な内容の概略は下記通りです。

  1. 第1号「キャバレー」等と第2号「キャバクラ」等が、統合される。
  2. 低照度で営業する第3号「ナイトクラブ」等と第5号低照度飲食店が、統合される。
  3. 10ルクス超で営業する第3号「ナイトクラブ」等が、風俗営業から除外され、「特定遊興飲食店営業」として規制され、又は「飲食店営業」に分類される。
  4. 第4号「ダンスホール」等は、規制対象から除外される。
  5. 号ずれの変更(例:第6号→第3号)

第3号、第4号の改正点は下図の通りとなります。

風営法第3号、第4号の改正点

「ナイトクラブ」等を新たに営業する時には、深夜に営業し、かつ酒類を提供する場合、「特定遊興飲食店営業」の許可申請が必要となります。

また、埼玉県の「特定遊興飲食店営業」の営業所設置許容地域は、「さいたま市大宮区宮町1丁目、大門町1丁目及び2丁目並びに仲町1丁目及び2丁目の地域」と指定されています。なお、病院等からの距離制限は30mとされています。

埼玉県警察ホームページ「風適法の一部を改正する法律施行について」参照