許認可

許認可手続きの外注

ある業種の営業を行うには、官公署の許認可が必要となる場合があります。

許認可を得るには申請書類を作成し、許可要件を備えていることを証明する書類を揃え、官公署に提出する手続きが必要です。

実際、申請の準備には時間および労力が必要で、費用・マンパワーが想定以上にかかります。

行政書士は官公署提出書類の作成はもとより、提出手続きも代理することができます。

許認可手続きを行政書士にお任せいただくことで、外注化するメリットをご享受いただけます。

主に許認可申請が必要な業種一覧

  • 建設業許可申請
  • 宅地建物取引業免許申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 特殊車両通行許可
  • 古物商許可申請
  • 医療法人認可申請
  • NPO法人設立認可申請

※上記は一例となりますが、許認可・届出等必要な場合はご相談ください。

お手続きの流れ

お電話又はメールでお問い合わせ

 

面談にてヒアリング

 

必要書類の提出

 

申請書類作成

 

申請書類の確認、署名・押印

 

行政庁へ申請書類提出→許可通知書受領およびご報告

 

※面談について、お客様先にご訪問させていただく形も可能です。

目安となる標準報酬額はこちらを参照ください。