遺言書作成

思いを実現するだけでなく、トラブル防止のための遺言書

遺言は築き上げた財産を思い通りに、子供や孫に引き継いでほしいという希望を伝えるものです。

「そんなに財産は無い」からなど、遺言の必要性が感じられない方も多いかと思いますが、

下記に該当する方は遺言書を残しておくと、無用な相続のトラブルを防ぐことができます。

  • 子も父・母もいなく相続対象が配偶者と兄弟のみの場合
  • 離婚・再婚されている方
  • 不動産など分割しにくい財産がある方

争いのない相続のために、相続人調査から遺言書原案の作成までサポートいたします。

 

お手続きの流れ

お電話又はメールでお問い合わせ

 

面談にてヒアリング、相続人・財産調査

 

遺言内容について面談、遺言書原案作成

 

遺言書原案のご確認

 

ご確認いただいたて修正があれば、その修正

 

完成した遺言書の受け取り

 

※面談について、お客様先にご訪問させていただく形も可能です。

※公正証書遺言をお希望の場合は、「公正役場との打ち合わせ」・「原案を元に公正証書遺言の作成」を行う必要があります。

目安となる標準報酬額はこちらを参照ください。